審美歯科・ホワイトニング

歯の美しさと機能を取り戻しましょう

審美歯科では、単に治療して歯の機能を補うのではなく、美しさを考慮しつつ歯の機能を補う治療を行います。現在の詰め物や被せ物の見た目が気になる方は、ぜひ審美歯科の治療をご検討ください。

セラミック治療とは

審美歯科でもっとも代表的な、セラミックを使った詰め物や被せ物を用いた治療です。セラミックは色を調整できるため、周囲の歯の色と遜色のない詰め物や被せ物の作製が可能。透明感があり自然な見た目が得られるため、美しい仕上がりを求める方から選ばれています。

さやま歯科クリニックのセラミック治療

さやま歯科クリニックで扱っているセラミック治療を素材別にご紹介します。当院では患者様のご要望に合わせて最適な治療をご提案しています。現在の詰め物や被せ物の見た目が気になる方はぜひご覧ください。

ハイブリッドセラミックインレー・ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックと歯科用プラスチックを混ぜ合わせた歯科素材です。硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜているため欠けにくく、奥歯に適しています。

歯を削った後

歯を削った後

保険治療

保険治療

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

メタルセラミッククラウン・オールセラミッククラウン

金属の裏打ちがあるセラミック冠をメタルセラミッククラウン、全てセラミック製のものをオールセラミッククラウンといいます。セラミックの最大の利点は変色がないという点で、治療後は他のどの材料よりも自然に仕上がります。またプラークが表面につきにくいという利点もあります。
メタルセラミッククラウンは強度的に優れており、オールセラミッククラウンは金属アレルギーの心配がなく歯ぐきの変色もありません。

ラミネートベニア

前術

後術

薄いシェル状のセラミック(つけ爪のようなもの)を前歯に貼り付ける治療法です。ラミネートベニアは歯の表面を約0.8~1.0mm程度削るだけで治療可能です。

ファイバーコア

メタルコア

メタルコア

ファイバーコア

ファイバーコア

むし歯により歯の神経を抜く治療をした場合、人工の歯を被せる前に歯の土台を立てる必要があります。ファイバーコアは、プラスチックとファイバーを使用した土台で、金属の土台(メタルコア)に比べてやわらかく、歯が割れるリスクを減らすことができます。また、白色で光を通すため、セラミックス冠をキレイにいれることができます。

ホワイトニングで白く美しい口元を手に入れる

歯を削らずに白くする方法、それがホワイトニングです。芸能人やタレントを中心に普及したことで一般的になり、歯の黄ばみや黒ずみが気になる方や歯を白くしたい方から好評を博している診療メニューです。以下では代表的な3つのホワイトニングをご説明します。
※ホワイトニングの効果には個人差があります。

さやま歯科クリニックのオフィスホワイトニング

さやま歯科クリニックでは、安全性が高く即効性のあるオフィスホワイトニングをおすすめしています。
※ご希望に応じて、ホームホワイトニングを行うことも可能です。

当院のオフィスホワイトニング

当院ではオフィスホワイトニングにビヨンドシステムを採用しています。ビヨンドシステムは、アメリカで開発され、すでに100万人以上の方が受けている実績の豊富なホワイトニングシステム。ホワイトニング剤の主要成分は過酸化水素で、安全性も認められています。

一部のオフィスホワイトニングで使用されているような、紫外線や高温で刺激の強い光を使用しないのも特徴です。

PICK UP 歯を白くするもう一つの方法~クリーニング~

歯の黄ばみや黒ずみはクリーニングで除去できる場合があります。その場合はホワイトニングせずに歯を白くできますので、ホワイトニングをご希望の方はぜひ一度当院までご相談ください。患者様の口腔内の状態をチェックして最適な方法をご提案いたします。

さやま歯科クリニックのホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自宅で歯を白くできる方法です。歯列に合わせてマウストレイを作り、その内側にご自身で薬剤を塗って、装着して歯を白くします。効果が出るまでに数日から2週間ほどかかりますが白さは長持ちするとされています。

さやま歯科クリニックのデュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用する方法で、即効性と持続性があるホワイトニングです。単独方法よりも早く、高い効果を得ることができます。

施術例紹介

前術

後術

ホワイトニングQ&A

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの効果の違いは何ですか?

オフィスホワイトニングはジェルの濃度が高いため、歯は白くなりやすいですが、後戻りがホームホワイトニングに比べて早くなります。逆にホームホワイトニングはゆっくりと白くなっていきますが、白さはオフィスホワイトニングに比べて長続きします。長期的に白さを継続させたい場合は、両方の長所を兼ね備えたデュアルホワイトニングがおすすめです。

さし歯でも白くなりますか?

さし歯は白くなりません。また、プラスチックの詰め物も白くなりません。それでも白くしたい場合はさし歯をつけかえたり、詰め物をやりかえる必要があります。

白さはどれくらいもちますか?

ホワイトニング後の白さは一生もつものではありません。一般的に半年間は効果が維持すると言われています。ですが、定期的に歯科医院でメンテナンスすることで白さをキープする期間を長くすることができます。また、飲食・喫煙や歯磨きの仕方によっても違いがあります。

誰でもできますか?痛みはありますか?

一般的に16歳以上であれば問題ありません。痛みに関してはホワイトニングの効果が作用する際に、歯の水分を奪うため、多少痛みが生じる場合があります。個人差があり、全ての方に共通して起こることではありません。痛みがある場合は痛み止めを服用しても問題ありませんが、ほとんどの痛みは24時間以内におさまります。

ホワイトニングに適さない病気や状態はありますか?

妊娠中や授乳中の女性、漂白剤やラテックスにアレルギーのある方、無カタラーゼ症の方、歯に重症な知覚過敏を有する方は控えさせていただいております。